テレビ壁掛け金具の機能と種類を比較

 テレビを壁に掛けて設置しようとする場合、実際に売っている金具はいくつかあります。
中でも一番スタンダードなものは壁に直に取り付けるというものです。
これは壁に金具を取り付けた上で、テレビを取り付けるという方法で、一番簡単でわかりやすい方法です。
金具の種類は、ネジで穴を空けて取り付けるものがほとんどであり、メリットとしては簡単に取り付けられるということですが、デメリットとしては壁に少なからず穴が空くということです。
ですので借りている家だったり、アパートやマンションなどの借家では不向きとは言えますが、自分の家でしたら何の問題もないでしょう。

壁に穴を空けると言っても、大きく穴が空くわけではなく、ネジを何箇所か打ち込むだけですから、テレビの壁掛け設置をやめたとしてもほとんど目立たないので特に気にするほどではないでしょう。

デザインとしては、壁掛けテレビというのはとてもオシャレに見えますのでおすすめです。
他の金具の種類としては、天井から吊り下げた状態で壁に設置するタイプもあります。
この場合は天井からの器具が丸見えになりますが、部屋のインテリアとしてみた場合、悪くないデザインと言えるでしょう。
どちらかというと天井から設置して壁に掛けた方が安定感がありますので、地震が起きた際にも安心と言えるでしょう。
テレビと壁の接地面ですが、金具にテレビを引っ掛けるというよりも、きちんと金具で固定しているイメージなので安定感は問題ありません。