地震でも安心!テレビを壁掛けにする。

日本はどうしても他の国に比べると自身が多い為、安全に生活する為にも耐震に対してはしっかりと考えておく必要があります。
家の構造は勿論ですが、もう一つ気を付けておきたい事の一つが家具、家電の配置についてです。
大地震が来た時等は、家具などの倒壊によって怪我をしたりしてしまう事もあるので、充分気を付けておかなければいけません。
それは家具だけでなく家電も同様です。

現在、テレビは以前に比べると大型化しており、かなり大きなサイズを部屋に置いている人も少なくありません。
勿論耐震用のマットなどを使っている人もいますが、それでも大きな揺れが起きてしまうと倒れる可能性があります。
その点壁掛けテレビの場合は壁に密着している状態となるので、比較的地震にも強い事が照明されています。

ただ実際には壁掛けテレビだから安全かと言ったら決してそうではないので注意が必要です。
まず一つは壁面の状態が良く頑丈であると言う事が重要なポイントとなります。
ここで壁面の状態があまり良くない場合は、どうしても強度の点から不安が出てきてしまうので注意が必要です。
また取付方法は正しく行う事も重要となるので、壁の材質やテレビの重さなどをしっかりと考えて取り付け工事を行う必要が出てきます。
ただそういった点に配慮して正しく設置すれば、置き型に比べると壁掛けの方がはるかに地震にも強くなるので、地震大国日本に住む場合も安心して生活しやすくなると言えます。