テレビを壁掛け型にするときの費用

リビングの主役といえば「テレビ」ですが、テレビの配置方法は意外と限られているので、ソファーやテーブルなどの配置も、テレビに合わせて決める必要が出てきます。
そこで最近話題になっているのが「壁掛け型」ですが、これは従来のテレビを、テレビ台の上に据え置くのではなく、専用の金具を使って壁掛けタイプにするものです。
壁掛け型にすることで、家具配置のバリエーションが増え、スペースの有効活用にもなります。
首ふりタイプの金具にすることで、多種多様なライフスタイルに合わせた、オリジナリティあふれるテレビの楽しみ方ができます。

気になる取り付け費用についてですが、これが意外なほど安く済むのです。取り付けに必要なのは、専用の金具とネジだけ、伸縮や首ふり機能がついたものでも1万円前後という、とてもリーズナブルな価格で手に入ります。
取り付けに必要な工具もドライバー一本で出来ますが、もしDIYで取り付けなる場合は3,000円ほどで売られている電動ドライバーを購入すれば、よりスムーズに取り付けることが出来ます。

あとは、その荷重を支えられるだけの強度を持った、壁や柱があればOK、壁は石膏ボードだけでは弱いので、補強の板や柱が入っているか、コンクリート製の壁が必要です。
それらがない場合は柱に直接ネジを打ったり、天井から吊るしたりする方法もあります。
いずれにせよ専用のテレビ台を購入するよりも、はるかに安い費用で取り付けることが出来ます。