壁掛けテレビで省スペース化を実現

テレビを壁掛けにすることで自宅をシアターに・・・。
誰もが憧れますよね。今やテレビはどんどん薄型に、そして画質も綺麗に進化しているので、
普段から映像を楽しむ方はやはり新しい商品が欲しくなりますよね。
さて、テレビを買ったら必ずテレビ台も買わなければいけないと思っていませんか?
決してそんな事はありません。最近ではTVを壁掛けにする設置方法も主流になってきています。
元来テレビ台は、テレビそのものが奥行きのあったブラウン管時代には必要なものでした。
AV機器が収納できるのはもちろん、引出しの中にビデオやDVDを収納できるものなどが人気がありました。

ところが現代では、ビデオやDVDという媒体ではなくオンラインレンタルなどで気軽に映画などを
楽しむことが出来るようになりましたし、スマートフォン等をケーブルで繋いでゲームを楽しめるなど、
テレビ周辺にソフトや機器を常に置いておく必要がなくなりました。
そのためテレビを直接壁に掛けて使用する方法でも全く不便がないのです。
むしろテレビ台がなくなることで、掃除の手間も減りますし、何より限られたスペースである
リビングが広々としますので視覚的にもスッキリとし、寛げる空間となります。

壁掛けテレビの種類としては、HDDレコーダー内臓のものがお勧めですが、故障の際は
修理に持っていくのが面倒などリスクもありますので、その際はレコーダーは少し離れたところに
設置してケーブルで繋ぐ形が良いでしょう。新居の場合は事前に打合せすることで
配線を床下に通す事も可能ですので、担当者に相談してみる事をお勧めします。

リンク集 木造家屋に住もう!/seoリンク/相互リンク募集サイト/相互リンクダイレクト